タグ:R-D1s+Canon 50mm F1.8 ( 70 ) タグの人気記事

睦月・あけぼの

今日もまた、日が昇る。


f0132566_841855.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


暗闇から淡いオレンジ色が拡散して行く

f0132566_883123.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




出港まであと少し。今日も大漁を信じて大海原へ。


f0132566_8112128.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)(RD-1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_8215666.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




「空の港」も暁に浮かび上がった。

f0132566_815124.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)





睦月廿八日。本日も明朗快晴・視界良好。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-01-28 08:20

睦月・野良散歩

吐き息が白く変わる昼下がり、近くを独り歩いてみる。
このあと、長野に旅立つ予定。



田んぼには、「豊作の名残り」がすっかり枯れて。

f0132566_18583733.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



畦道にある「生命の泉」も今は静かに春を待つ。

f0132566_18595045.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


田舎の小路に設えた「無人の棚」に並ぶのは、採れたばかりの「自然の恵み」


f0132566_19126100.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



通い合うのは、「感謝」と「人情」



*** 付記 ***

本日(1月10日)、RD-1sの不調を対処すべく、ドック入りのため長野に発送。
リターンは、早くて一週間後。状況次第では延長の可能性もあり。
よって、明日よりは、我が堂も暫し、昨年の「写す心」と向き合いながら過ごす所存なり。

*********

[PR]
by easy-easy2005 | 2009-01-10 19:14

睦月・ローカル線

伊勢の大神へは、ローカル線に揺られて。


古びた木造の小さな駅舎。

f0132566_22111650.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


ホームには、人影もない。

f0132566_2291173.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


乗り込むのは電車は、わずか2両編成


f0132566_22132898.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



車掌の居ないワンマン電車は、整理券が乗車駅の証し


f0132566_22154188.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


電車の揺れに、つり革が拍子を合わせる


f0132566_22181726.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


今日もまた、電車の音が線路に響く。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-01-04 22:20

初春・初詣

年頭に当たり、一年の無事と飛躍を願うため、神前に詣でる。

f0132566_21564210.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

多くの人で参道は埋め尽くされる


大鳥居をくぐり、橋を渡って神域へと足を踏み入れる。

f0132566_22081.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


沸き出る清水で身を清め拝殿に進む


f0132566_2215752.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


これより先は。神霊の鎮座ます場所。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-01-04 22:05

大晦日・節会料理。

手作りのおせち料理も完成。

f0132566_13393391.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


黒豆、田作り、数の子、栗きんとんetc.

献立のひとつ・ひとつに古(いにしえ)人が伝える「幸せへ願い」




これまた、大切な「日本のこころ」
[PR]
by easy-easy2005 | 2008-12-31 13:54

大晦日・煤払い

神棚を清める。


f0132566_12202444.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

埃を払い、塩・米・お神酒をお供え。


瑞々しい榊を立て、注連縄を張り替える。


これもまた大切な和の風習。
[PR]
by easy-easy2005 | 2008-12-31 12:24

師走・古刹

開基は室町時代に遡ると伝えられる。


森の中に延びる小路は、山門へと続く

f0132566_7541384.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


出迎えるのは、仁王像

f0132566_755890.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

境内に足を踏み入れ、本尊に参拝。

f0132566_7582246.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


回廊の欄干には、この土地ならではの「常滑焼き」の擬宝珠

f0132566_821615.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



来年も御仏のご加護があらんことを
[PR]
by easy-easy2005 | 2008-12-31 08:05

晩秋・照光

庭先から海辺まで出てみる。


雲の切れ間から差し込む光の帯。


f0132566_18545624.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

自然の創り出す「造形美」には、やはり人は追いつけない。
[PR]
by easy-easy2005 | 2008-11-29 18:55

晩秋・庭先

休日の午後、庭先で独り佇む。



柚子の実も色づいて。
この「黄色」も晩秋を告げる色。

f0132566_1838502.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


熟し柿。
この色を追い求めた匠の故事をふと思う

f0132566_1841527.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




風もない穏やかな秋の日の午後。

時間までもがゆったり流れて行く気がした。
[PR]
by easy-easy2005 | 2008-11-29 18:46

晩秋・収穫

日差し穏やかな休日は、絶好の畑日和。


喜びが実感できる「収穫」は、誰しもが楽しみのひと時。


大人よりも一生懸命

f0132566_18294869.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



土の中には、大自然からの贈り物

f0132566_18297100.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



大自然の営みに心からの畏敬と感謝。
[PR]
by easy-easy2005 | 2008-11-29 18:34