タグ:R-D1s+Canon 50mm F1.8 ( 70 ) タグの人気記事

葉月・職人技。

所用があり、隣の街まで足を延ばす。


狭い路地を入っていくと、そこで出会った。


f0132566_17252395.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


職人さんの見事な手さばきにしばし見とれる。


日本の文化が生きてることを嬉しく思う。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-08-29 17:31

葉月・同日、同時刻。

日中は、まだまだ残暑を実感する日々。


そんな一日も日が傾き始めると吹く風は頬に優しい。


伊勢湾の向こう、鈴鹿の山並みに落ちる夕日にたなびく雲が彩られる。

f0132566_22364616.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



夕陽に浮かぶオレンジ色の雲に見とれながら、きびすを返して東の空を見上げる。




f0132566_22324495.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



そこに広がるのは、同じ夕暮れが造り出すまったく違う色彩のドラマ。


ファインダー越しに、思わず「はっ」と息を呑む。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-08-25 22:46

葉月・夏の陽射し。

入道雲のそびえ立つのを喜んだのもつかの間。

台風が大雨を連れて来た。

天の猛威に続いては大地もその強大な力を見せ付けた。



そして、厳しい夏の陽射しが照りつける。




f0132566_8174055.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



この陽射しがなかりせば、決してできない最後の仕上げ。


待ちわびた陽射しを見上げつつ、大自然の持つ偉大な力には、到底人は及ばないことを実感する。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-08-13 08:26

水無月・茜雲。

夕暮れにオフィスからの帰り道、高台へと差し掛かる。


すそ野の先は海へと続く。

下界を覆う雨雲から上に突き出た入道雲。

遮るもののない雲は、夕陽に赤く染められる。

f0132566_836448.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




明日は、月末。
梅雨が明けぬまま7月が終わる。


夏の日差しを待ちわびつつ。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-07-31 08:44

水無月・大地の恵み。

休日の朝、早起きして畑へ出る。


f0132566_1138465.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_11444196.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)




そこにあるのは、大地の恵み。

f0132566_1142127.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_11421417.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_11453945.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)


f0132566_1146398.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)





自然からもたらされる収穫に心から感謝する日々。





夏休みを迎えて「僕のもの」ブランドも収穫近し。




トウモロコシ
f0132566_11502815.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)



ブルーベリー
f0132566_1151495.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)




口いっぱいに「夏の甘さ」が広がる日を心待ち。








いよいよ、田舎にも夏が来た。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-07-25 12:03

水無月・夏の知らせ。

午前中、出先への途中で見つけた風景。

車を停めて、ファインダーを覗く。


f0132566_1256226.jpg

(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_12571251.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_12593159.jpg

(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_13535100.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




見上げれば、青い空。


梅雨明け間近を告げている。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-07-14 13:09

皐月・和洋両立

帝都にて、明治の遺産を訪ねる。



f0132566_6322490.jpg

(R-D1s+ Voigtlander S/S S25 F4)


西洋を学び、そこに「日本の美意識」を融合させた時代をこの目で確かめる。



f0132566_6371032.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_639748.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_6401342.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)









西洋から続くのは「和」への渡り廊下。

f0132566_6453258.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_6463242.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



決しておもねることなく、誇りと自立自尊の精神で対等に向き合い、そのうえで謙虚に教えを請い、真摯に学び、自らの内側に取り込み、そして調和させていった時代がそこに在る。



畳に座し茶を喫しつつ、自らの美意識と日本人の誇りと尊厳を「忘れ物」にしてしまった今を憂う。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-06-02 07:00

皐月・降り注ぐ。

「梅雨の走り」を思わせるような雨が上がって。


厚い雲の切れ間から、光の帯が舞い降りる。


f0132566_346475.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



大自然の「創造力」には、ただ・ただ畏敬。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-05-30 03:54

皐月・蔵町。

出先に向かう途中、いつも出会う風景。


少しゆとりのある今日は、しばし車を停めてファインダーから切り取る。


(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



江戸時代から続く酒蔵や酢蔵が立ち並ぶ。


f0132566_21302499.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_21194287.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



樽に詰められ、この運河から千石船によって江戸に運ばれた。


f0132566_21234566.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


物流の主力が陸に移った今、水面も波静か。



初夏の陽射しに黒塀が重厚に映る。

f0132566_21191025.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-05-20 21:29

皐月・芳香。

庭に植えられた姫柚子の木。


白い綿帽子をかぶったごとく満開の花。



f0132566_16521888.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_16534821.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_16543488.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_16552680.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)




辺りには、柑橘類独特の薫りに満ちて。

甘酸っぱい香りに鼻をくすぐられながらレンジファインダーを覗く。




ここにも初夏。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-05-16 17:01