タグ:R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4 ( 29 ) タグの人気記事

皐月・夕暮れ。

畑でかいた汗をシャワーで流し、夕陽に誘われて浜辺まで散歩に出る。




f0132566_16174325.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_1618297.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_16185078.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)

f0132566_16195589.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)

f0132566_16211057.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




日焼けして火照った肌を海風が心地よく撫でていく。

今日も一日が終わる。
[PR]
by easy-easy2005 | 2010-05-04 16:23

弥生・開花。

オフィスから数分の場所にある小さな公園。

通りかかれば、枝全体が淡いピンクに包まれて。

ランチタイムのつかの間をファインダーを覗きシャッターを切る。

f0132566_1332366.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)
f0132566_13332259.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_13325375.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_1333141.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_1333887.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_13331582.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)





この花を前にして湧き上がってくる喜びに満ちた「特別な想い」

「我、日本人なり」とあらためて思う。





今年も待ちわびた「春」来たり。
[PR]
by easy-easy2005 | 2010-03-26 23:34

如月・梅花。

雨上がりの青空に誘われて、お城の庭園まで足を向ける。


未だ梅の花は3分咲き。


f0132566_1446582.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)


f0132566_14475168.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_14484115.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)




春本番まであと少し。
[PR]
by easy-easy2005 | 2010-02-27 14:49

師走・佇む。

寒い冬でも人は海辺に集う。



f0132566_13121385.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)




冷たい波しぶきが佇む二人の絆を深める。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-12-24 06:08

霜月・反射。

出先へ向かう途中、いつもの海辺の道に差し掛かる。


晴れ渡った青空から照らされる陽光をさざ波がはね返す。


f0132566_883578.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_894266.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


水と光が織り成す「瞬間の造形美」



**************** 付  記 ****************

1枚目にごみ付着の跡あり。
レンズ交換時のエアブロ-の重要性は解っているものの、急ぐ時にはつい省いてしまう。
気持ちのゆとりの大切さが身に沁みる。

*************************************
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-11-25 05:04

霜月・秋桜。

散策の続きはサドルにまたがりペダルをこいで。


道すがらで、この風景に出会う。


路肩にを停めてファインダーを覗く。

f0132566_12482979.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_1249913.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



足を踏み入れると一つ一つが大輪であることに気づく。

f0132566_12501047.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_12502748.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



秋の深まりを実感しつつ。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-11-01 20:53

霜月・散策。

秋の陽射しに誘われて、庭先から雑木林へ。


木漏れ日の射す地面にはカタバミの花が紫の絨毯。

f0132566_2104742.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)

f0132566_12361573.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


その傍らにはルビー色に輝くピラカンサ。

f0132566_20594094.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_1240744.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



人の手が入らない自然の秋も色彩豊か。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-11-01 20:34

神無月・城址

隣の県の県庁所在地へ。


かつての城内、今は行政府や裁判所が建つ官庁街。

この場所は、今も昔も執政の中心。

f0132566_22551815.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)


駐車場に車を停めて目指す庁舎まで城内を横切る。

f0132566_22565191.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)


積み上げられた石垣は兵どもの夢のあと。

今は、市民の憩いの空間。

f0132566_22583955.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)


春は桜、秋の椛まであと少し。

f0132566_2305657.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)




カメラを鞄に収め、仕事へと急ぐ。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-10-29 23:04

神無月・帰還。

ドック入りしていたR/Fが手元に帰る。

報告書を見て、このカメラが「アナログ」であることを実感。

精度の甘さも多少のずれもこの個体の「クセ」だと思うことにする。


日曜日、家内を誘って、お茶に出掛ける。



f0132566_10443959.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)


洋館は、国の重要文化財。

営まれるのは、紅茶がメインの喫茶店。




案内されて、ほのかに暗い建物の中を客室まで。

f0132566_10495181.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_10502685.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



大きな窓からは秋の陽射し。

f0132566_105226100.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)



ひと時をゆったり過ごす。



こんな休日も悪くない。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-10-26 10:59

神無月・SUZUKA 2009.

この場所は、日本のモータースポーツの聖地。


この場所を愛するすべて人々の熱い情熱が実を結び、3年振りに帰ってきた。


f0132566_101898.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)


最高のテクノロジーによってデザインされ生まれたマシンは、セクシーですらある。

f0132566_10205533.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)



本当の星になった貴公子は、今も銀河のサーキットを駆け抜けているだろう。

f0132566_10224126.jpg
(R-D1s+VoightlanderS/S S25mmF4)



「お帰り」の呼びかけが、熱く胸に響く。

f0132566_10255322.jpg
(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)



やはり、この場所は「特別」だ。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-10-05 07:15