タグ:R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2 ( 52 ) タグの人気記事

皐月・和洋両立

帝都にて、明治の遺産を訪ねる。



f0132566_6322490.jpg

(R-D1s+ Voigtlander S/S S25 F4)


西洋を学び、そこに「日本の美意識」を融合させた時代をこの目で確かめる。



f0132566_6371032.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_639748.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_6401342.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)









西洋から続くのは「和」への渡り廊下。

f0132566_6453258.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_6463242.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



決しておもねることなく、誇りと自立自尊の精神で対等に向き合い、そのうえで謙虚に教えを請い、真摯に学び、自らの内側に取り込み、そして調和させていった時代がそこに在る。



畳に座し茶を喫しつつ、自らの美意識と日本人の誇りと尊厳を「忘れ物」にしてしまった今を憂う。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-06-02 07:00

皐月・庭。

家の庭で、レンジファインダーを覗く。



何処から鳥が運んで来たのだろうか?

そこに在るのは、名も知らぬ種。


いつしか芽を出し、今、色鮮やかに咲き誇る。


f0132566_11554920.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_1157741.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



手ずから植えた苗たちも可憐に花開く。

f0132566_11582990.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_11591770.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



一足先に花を終えた樹には、青い果実。

f0132566_1211824.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_12129100.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_1213992.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)




赤く熟せば、それは「夏の訪れ」を告げる合図。




大自然の営みは、悠久の時の流れのなかで静かに進む。

その深遠なる光景にファインダー越しに畏敬する。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-05-24 12:08

皐月・芳香。

庭に植えられた姫柚子の木。


白い綿帽子をかぶったごとく満開の花。



f0132566_16521888.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_16534821.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_16543488.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_16552680.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)




辺りには、柑橘類独特の薫りに満ちて。

甘酸っぱい香りに鼻をくすぐられながらレンジファインダーを覗く。




ここにも初夏。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-05-16 17:01

卯月・花、凛と咲く。

休日の朝、足元を露に濡らしながら庭先に出る。


薄紅色の花のあとには、純白の花がつぼみを開く

f0132566_964776.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_965916.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_971685.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_973634.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)




爛漫の「儚さ」のあとには秀麗なる「凛」。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-04-18 09:11

卯月・潜む美。

樹を覆いつくすほど絢爛に咲き誇るこの花に「もののあはれ」を感じとる。


そこに潜むのは散りゆく定めの「儚き美」。



f0132566_20574976.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_20585498.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


f0132566_20593597.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_2105151.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_2103265.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



f0132566_2132653.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)





「潜みの美」にはモノクロームが良く似合う。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-04-05 21:03

卯月・桜花爛漫。

待ちわびて、待ちわびて。

今年もこの花の咲き誇る様に出逢えた事に心から感謝。


ファインダーに春の喜びを重ね合わせて。

f0132566_20292385.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_20322738.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


f0132566_20334587.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_2037230.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_20464676.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_20465877.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


f0132566_20364385.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_20385316.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_20395297.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_713092.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



この花に持つ「特別な想い」

この想いを抱く感性を持つ民族の子孫であることを心から誇りに思う。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-04-05 20:51

弥生・色彩豊潤。

降り注ぐ陽射しに誘われて、ランチタイムのひと時、辺りを散策。



辺りを包む空気に柔らかな暖かさを頬に感じ、顔を上げて野原を見渡せば、一面に彩り豊かな風景が広がる。


雪柳の白

f0132566_2055129.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_20573656.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


菜の花や蒲公英の黄色

f0132566_2113988.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_20582157.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



そして、山桜の薄紅色


f0132566_2132879.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)





春の気配は、陽射しの眩しさとともに深まってゆく。




「麗らか」と呼ぶ季節は、もうすぐそこまで。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-03-24 21:08

如月・黄花輪舞。

畑が舞台の名優たち。


第一幕「菜の段」の衣装は瑞々しい緑色。


そして、今、最終幕。


「花の段」の衣装は華やかな黄色。


吹く風が奏でる輪舞曲(ロンド)に乗って全員が揺れて舞う。

f0132566_22101686.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_22103526.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_2219503.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_22202387.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_22111916.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)

f0132566_2211311.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


黄色い衣装は、フィナーレの合図。

「冬公演」の幕が下りる日も近い。

舞台は、春の演目へ。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-02-15 22:21

如月・枯れ木立。

昨日、吹き抜けていった強い南風は、暖かい空気を運んできた。

この風を「春一番」と呼んだ先人たちの「名付けの妙」にひとり頷く。




一日が終わりを迎える。

落ちてゆく夕陽に、葉の落ちた雑木が浮かぶ。


f0132566_17582011.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



ファインダー越しに見る枝たちは、「木枯らし」の後に来た「春一番」を喜んでいる気がした。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-02-14 18:04

睦月・あけぼの

今日もまた、日が昇る。


f0132566_841855.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


暗闇から淡いオレンジ色が拡散して行く

f0132566_883123.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




出港まであと少し。今日も大漁を信じて大海原へ。


f0132566_8112128.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)(RD-1s+Canon 50mm F1.8)

f0132566_8215666.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




「空の港」も暁に浮かび上がった。

f0132566_815124.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)





睦月廿八日。本日も明朗快晴・視界良好。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-01-28 08:20