師走・止まり木

一週間を終えて、いつもの椅子に腰を下ろす。


f0132566_11221367.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



ささやかでも良い、人が笑顔でありますように。
[PR]
# by easy-easy2005 | 2008-12-06 11:39

晩秋・照光

庭先から海辺まで出てみる。


雲の切れ間から差し込む光の帯。


f0132566_18545624.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)

自然の創り出す「造形美」には、やはり人は追いつけない。
[PR]
# by easy-easy2005 | 2008-11-29 18:55

晩秋・庭先

休日の午後、庭先で独り佇む。



柚子の実も色づいて。
この「黄色」も晩秋を告げる色。

f0132566_1838502.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


熟し柿。
この色を追い求めた匠の故事をふと思う

f0132566_1841527.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




風もない穏やかな秋の日の午後。

時間までもがゆったり流れて行く気がした。
[PR]
# by easy-easy2005 | 2008-11-29 18:46

晩秋・収穫

日差し穏やかな休日は、絶好の畑日和。


喜びが実感できる「収穫」は、誰しもが楽しみのひと時。


大人よりも一生懸命

f0132566_18294869.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



土の中には、大自然からの贈り物

f0132566_18297100.jpg
(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



大自然の営みに心からの畏敬と感謝。
[PR]
# by easy-easy2005 | 2008-11-29 18:34

晩秋・海辺。

休日の昼下がり、家の前の海へ出てみる。



穏やかな波に小舟が揺れる


f0132566_12252536.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



幸せな二人が、この砂浜を歩いた歴史の足跡。



f0132566_12281961.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



砂浜を歩くのは人ばかりではなく。

本家本元「千鳥足」。


f0132566_12293540.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



静かに吹く海風が流木たちを包み込む

f0132566_12331127.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)


f0132566_12332582.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



エースを目指す少年の夢を乗せて打ち寄せられたのか。

f0132566_12391224.jpg
(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)



人気のない海辺にも、見えないドラマが佇んでいた。
[PR]
# by easy-easy2005 | 2008-11-22 16:22