文月・夏野菜。

梅雨の晴れ間、早朝に畑へと出る。


噴出す汗を拭いつつ、茂った雑草を刈り取ってゆく。


一区切りがついて後、手は鎌からレンジファインダーへと持ち替える。



f0132566_1244587.jpg

(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)

f0132566_12453891.jpg

(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)

f0132566_1245571.jpg

(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)

f0132566_12465051.jpg

(R-D1s+M-ROKKOR 90mm F4)




そこに在るのは、実り間近い大地からの恵み。


大自然の営みに心から感謝する瞬間。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-07-04 12:57


<< 水無月・夏の知らせ。 水無月・庭先。 >>