卯月・花、凛と咲く。

休日の朝、足元を露に濡らしながら庭先に出る。


薄紅色の花のあとには、純白の花がつぼみを開く

f0132566_964776.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_965916.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_971685.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)
f0132566_973634.jpg

(R-D1s+ Leitz Summitar f=5cm1:2)




爛漫の「儚さ」のあとには秀麗なる「凛」。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-04-18 09:11


<< 卯月・木々、萌ゆる。 卯月・潜む美。 >>