如月・暦は「春」

おだやかな陽射しが降り注ぐ休日。

こんな日は、畑仕事もはかどる。


大根を収穫し、皮を剥いて吊るしてやる。


寒気にさらして、切り干し大根。

自然の力を知る先人の知恵。

f0132566_12155189.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


畑を出て、庭を抜け、近所を散策。

f0132566_12353769.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



風のない海は、波もなく穏やか。

f0132566_12381739.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



「春」の声を聞いて、田んぼも動き出す。

「秋の豊作」を願っての第一歩。

f0132566_1241486.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)




南に向いた陽当たりの良い土手からは、春の便り。

f0132566_1242367.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


しばし足を止め、枝の下に腰をおろす。

f0132566_124354100.jpg
f0132566_1244771.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)





「季節」は忘れることなく今年もまた巡ってくる。


満開の枝を見上げつつ、「四季のある国」に生まれた幸せをかみ締める。
[PR]
by easy-easy2005 | 2009-02-07 12:49


<< 如月・家宝。 睦月・あけぼの >>