睦月・野良散歩

吐き息が白く変わる昼下がり、近くを独り歩いてみる。
このあと、長野に旅立つ予定。



田んぼには、「豊作の名残り」がすっかり枯れて。

f0132566_18583733.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



畦道にある「生命の泉」も今は静かに春を待つ。

f0132566_18595045.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)


田舎の小路に設えた「無人の棚」に並ぶのは、採れたばかりの「自然の恵み」


f0132566_19126100.jpg

(R-D1s+Canon 50mm F1.8)



通い合うのは、「感謝」と「人情」



*** 付記 ***

本日(1月10日)、RD-1sの不調を対処すべく、ドック入りのため長野に発送。
リターンは、早くて一週間後。状況次第では延長の可能性もあり。
よって、明日よりは、我が堂も暫し、昨年の「写す心」と向き合いながら過ごす所存なり。

*********

[PR]
by easy-easy2005 | 2009-01-10 19:14


<< 睦月・再対峙 睦月・早々春賦。 >>